KUSE ESPACE LAND


久世エスパスランド

旧遷喬尋常小学校

旧遷喬尋常小学校をご紹介します。


旧遷喬尋常小学校の外観明治40年建築のシンメトリー木造校舎。
旧久世町指定文化財。平成2年夏、小学校としての役目を終え、現在は一般に開放している。ふと純情だった幼少時代に戻れる思い出空間。講堂の格(ごう)天井は圧巻。

旧遷喬尋常小学校について

講堂の格(ごう)天井 明治40年(1907)に巨額な費用を投じて建てられた木造校舎が、平成2年(1990)の夏、84歳にして小学校の役目を終えた…。今も、どっしりとした威容を誇る我が母校。あの木造校舎が、私たちの心をとらえ続けるのはなぜだろうと考えてしまう。旧久世町の教育を語る時、ルネッサンス風木造校舎ぬきでは考えられない。明治の先人たちが残した学校(子弟)教育への情熱を後世に伝えたい。人生の出発点を育んだ小学校時代を、ここを訪ねる人に思い出してもらい、明日への活力としていただくことを願う…

前身

明治3年(1870)町内の有志が発起して大旦高下に明親館という塾をつくった。命名は備中聖人の山田方谷であり、自ら「明親館」の額を書いた。塾の先生には方谷の門人があたり、生徒数は46人であった。

開校

明治7年(1874)8月2日、栄町の中国銀行久世支店の付近にあった久世代官所御蔵(年貢米倉庫)を校舎として開校した。

校名

中国の古典、詩経の一説で「出自幽谷※遷于喬木」から明親館のつながりを持つ山田方谷が名付けた。ゆうこくよりいでてきょうぼくにのぼる(※うつるともよむ)。2文字をとって遷喬(せんきょう)とした。伐木(ばつぼく)という題の詩、全18行の2行目にある一節で、自然の情景を詩った場面であるが、ウグイスが深山の暗い谷間から飛び立ち、高い木に移ることに例えて、学問に励み立身出世することと解釈されている。鳥取市立遷喬小学校とは姉妹校の縁を結び交流を続けている。

建築

新築校舎開校式2年間の工事期間をおき、明治40年(1907)7月20日に完成した。工事費は17,984円56銭で、当時の町予算(経常経費)の2.93倍もの巨額な費用を投じている。費用のうち11,500円は県からの貸し付けを受けている。設計は県の江川三郎八工手、建築材は真庭市木山国有林の優れた檜、杉材を選定し使用している。 

文化財

全国版の建築専門誌に「迎賓館を思わせる豪奢な洋風建築」「木造ルネッサンス風小学校」と紹介されている。ルネッサンス様式による明治の擬洋風建築と呼ぶことができる。長島茂雄の夢の学校CM、伊丹十三監督作品の映画、大病人の一場面などに登場し注目をあびる。昭和63年4月18日中央部を、そして平成2年7月19日両袖部を久世町文化財指定した。平成11年5月13日、校舎全体が国の重要文化財の指定を受ける。正式名称は、旧遷喬尋常小学校校舎。

外観

校舎は完全なシンメトリー(左右対称)のデザインである。中央部は倍の厚みがあり、玄関左右を少し張り出して破風で飾り、その上に大きなマンサード屋根(二重勾配)がしっかり乗っている。正面左右の壁にはベネチア窓である飾り窓があり、軒下の壁に筋交いを組み化粧している。窓間の板壁は水平に下見板が張られ、窓下は垂直の縦羽目板である。一階と二階の間に胴コーニス(蛇腹)が入っている。

講堂

二階中央の講堂は、二重折り上げの洋風格(ごう)天井となっており、鏡板はすべて無節の檜柾目板である。透明ガラスは、角度によって景色が変わるものがあり、短い期間しか造られなかった貴重な手造りである。講堂の風格は訪れる者を圧倒する。

校章

屋根の正面の校章帆を張った高瀬舟で「久世」をデザインしている。本校舎開校時から大正12年(1923)まで使用していた。その後は久世の「久」を上下に組み合わせ、まん中に「小」を入れていた。平成6年(1994)化粧直しをした時、元の高瀬舟に復元した。屋根の正面に校章の入った丸いドーマーウィンドウがある。 

教室棟

教室棟廊下は幅広く分厚い松材を使用している。戸の板壁は、全面無節の杉材で、その幅は一定ではない。まさに工匠たちの情熱と技術の結晶といえる作品である。校舎端のまわり階段は幅広くゆったりとしており、上下には橋の欄干を思わす細かい細工が施されている。 

基礎

基礎基礎は、粗い面取りの御影石を並べ、さらに赤煉瓦を7段積んである。床下換気孔は、くさび型の煉瓦でアーチ型に積んである。木部と石部が接触するところには、一定間隔で木の腐れを防ぐため数ミリのすき間をもうけている。 


旧遷喬尋常小学校
旧遷喬尋常小学校
旧遷喬尋常小学校
旧遷喬尋常小学校
旧遷喬尋常小学校校名の由来碑
旧遷喬尋常小学校
校名の由来碑
旧遷喬尋常小学校レンガ積み基礎
旧遷喬尋常小学校
レンガ積み基礎
旧遷喬尋常小学校
旧遷喬尋常小学校
旧遷喬尋常小学校
旧遷喬尋常小学校
旧遷喬尋常小学校
旧遷喬尋常小学校
旧遷喬尋常小学校
旧遷喬尋常小学校
旧遷喬尋常小学校の説明文
旧遷喬尋常小学校
の説明文
旧遷喬尋常小学校とエスパス
旧遷喬尋常小学校と
エスパス



見学をされるお客様へ

カーナビをご利用のお客様は“久世エスパスセンター”で目的地を設定してください。

入場料

入場料は無料となっております。開館時間内でしたらどなたでも見学ができます。

開館時間

開館時間
9:00~18:00

休館日 水曜日

ボランティアガイド

案内をご希望の方は、ボランティアガイドが案内いたします。
校舎内にいるボランティアガイドにお気軽にお申し込みください。(無料)

写真撮影について

校舎前の土広場は、隣のエスパスセンターで催物がある時、駐車場として利用する場合があります。
校舎の外観を撮影されるお客様は、エスパスへ時前にお問い合せください。

エスパスセンターのイベント情報はこちら

見学ツアー申請

申請はこちら

旧遷喬尋常小学校イベント情報

日時 イベント名 備考
平成27年4、5、6、10、11月の土、日、祝日
※都合により、実施できない日もあります。
旧遷喬尋常小学校 なつかしの学校給食 詳細はこちら